LINE トラブル 対処法


■検索できない原因

相手のLINE IDが検索できない原因として、4つのことが考えられます。

1つ目は、相手が18歳未満である場合です。
2つ目は、相手が年齢認証を済ませていない場合です。
3つ目は、相手が「IDで友だち追加のオプション」をオフにしている場合です。
4つ目は、また、SIMフリー端末はキャリア契約ではないため年齢認証ができず、基本的にID検索が利用できません。SIMフリー端末に乗り換える際は注意しておきましょう。

■年齢認証を済ませていない場合

相手が年齢認証を済ませていない場合、以下の方法で検索することができるようになります。
LINEの「設定」の画面を開きます。
そこに、「年齢確認」という項目があるので、それをタップします。
次に、「年齢認証結果不明」という画面が表示されるので、「不明」という文字をタップすると、年齢確認をするかどうかの確認画面が表示されるので、 「年齢確認」をタップします。
そして、自分が使っている携帯電話会社の年齢確認画面になるので、その後は各指示に従って年齢確認をすれば、LINEで年齢認証がなされます。

■友だち追加のオプションをオフにしている場合

「IDで友だち追加のオプション」をオフにしている場合、それをオンにする必要があります。
LINEの「設定」の画面を開き、「プロフィール設定」をタップします。
するとそこに、「IDによる友だち追加の許可」という項目があるので、そこにチェックを入れます。

■上記では検索できない場合の対策

相手が18歳未満の場合は、上記のことを行ったとしても、IDで検索することはできません。
したがって、そういった場合には、ふるふる機能を使うか、
ORコードを送ってもらうか、電話番号を教えてもらうかのどれかになります。

ふるふる機能の使い方としては、「友だち」の画面を開き、 右上に表示される人の形をしたアイコンをタップします。
そうすると、友だち追加できる画面が開かれ「ふるふる」という項目があるのでそこをタップします。
LINEでやりとりをしたい友だちと一緒に端末をふるか、 画面をタッチすれば、相手のLINEを検索することができます。
したがって、ふるふる機能を使うには、相手が近くに居ることが必要なので、そうでないときには、相手のQRコードを送ってもらうか、 携帯電話の番号を教えてもらうかのどちらかになります。

■LINE IDは一度設定すると、後から変更できません。

LINE IDをどうしても変更したい時は、アカウントを削除して作り直します。しかし、アカウントを作り直すと購入したスタンプがすべて消えるほか、友だちリストやトーク履歴もすべてなくなってしまいます。
もしスパムメッセージが頻繁に届くといった理由でLINE IDを変更したい場合は、[メッセージ受信拒否]の設定を試しましょう。このオプションを有効にすると、自分の友だちリストに登録されていないユーザーからのメッセージが届かなくなります。

■LINE IDを複数作成することはできる?

LINE IDは、1つのアカウントにつき1つしか作成できません。そのため、同じ端末でクローズドに複数IDを運用することは不可能です。
ただし、公開型アカウント「LINE@」を利用すれば、個人でも複数のアカウントを運用できます。LINE@のアカウントは顧客やファン、仕事上つながりがある人々などへオープンに情報発信をするためのアカウントで、別途LINE IDも取得できます(キャリア連動の年齢認証が必要です)。

■友だちAに友だちBのLINE IDを教える方法は?

他のユーザーのLINE IDを、直接教える機能はありません。口頭あるいはメッセージで共有することができなかったり、IDを教わったが検索できないという時は、トーク内にある「連絡先」送信機能を使って紹介(共有)するとよいでしょう。
連絡先を共有された相手は、LINE IDや電話番号を知らなくても、友だちに追加できます。ただし、本人の承認なしにLINE IDを共有するのは、トラブルの種となりやすいので注意してください。

■IDを設定しないメリット

「IDの流出を防げる」という点が最大のメリットになります。
LINE IDを設定しておけば、 日本全国の誰とでも簡単に友だちになることができます。
が、あまりに輪を広げ過ぎると、 全く面識のない人にもIDが知られ、スパムメッセージが届く可能性が。
1.友だち募集掲示板などに自分のIDを掲載する。
2.ID検索を許可しておくと、 不特定多数の人から友だちに追加される。
3.何となく友だちになった相手が実はスパマーだった。
このような危険性が全くないわけではありません。

しかも、LINE IDは一度設定すると変更することができなくなります。
もしIDを変更したいという場合はLINEアカウントを削除して新規登録し直す必要があります。
IDを設定しておけば誰とでも簡単に繋がれますが、セキュリティを考えておかないと スパム被害に遭う可能性もあるので注意しましょう。

■IDを設定しないデメリット

上記のことを考えるとIDを設定しない方がいいのかな?と思ってしまいます。
確かに、LINE IDを設定しなくても問題なく利用できるのですが・・・
「友だちを追加」する時に不便さを感じます。

近くにいる人であれば ふるふるやQRコードで友だちに追加することができます。
が、離れている人と友だちになる場合はSMS/E-mailで招待する必要があります。
LINEが普及している現在、SMSやEメールを利用している人は それ程多くありません。

LINEの友だちリストにはいるけど、スマホのアドレス帳には登録されていない~という相手も たくさんいると思います。
現在の主流は「LINE」 友だちになる時もLINEの機能を使うというのが当たり前になっています。
LINE IDを設定した方がいいと思う「たった1つ」のこと
「全国どこに住んでいる人とも簡単に友だちになることができる」
これがLINE IDを設定した方がいいと思う「たった1つ」のことです。

仕事を通じて知り合う人、趣味やイベントで知り合う人、ネット上で知り合う人。
相手がどこに住んでいてもLINE IDを設定・登録しておけば簡単に友だちになることができます。
ふるふるは狭い範囲に限られ、QRコードを相手に送るにしてもアドレスを知らないと遅れません。
この不便さを考慮すると、LINE IDを設定しておいた方が かなり便利なように思えます。

■LINE IDを設定・登録した後の注意点

ID検索の許可を「オフ」にしておく
いつ何時、スパマーから友だちに追加され メッセージが送られてくるかわかりません。
なので、念には念を入れて普段はIDの検索許可を「オフ」にしておきましょう。
iPhone/Androidともに手順は同じです。
「その他>設定>プライバシー管理>IDによる友だち追加を許可」と進み、オン・オフを切替えることができます。
知り合いとIDを交換した時のみ「オン」にするといいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0