「間奏」を英語で表現するには?

クラシックの楽曲の中では、良く耳にする音楽用語です。

前奏曲:Prelude
間奏曲:Interlude
後奏曲:Postlude

ところで「Interlude」は、幕間に演奏される小曲を主に指すため、ポピュラーソングの1番と2番の間の演奏を意味するわけではありません。


+++++ 大まかな楽曲の構成 +++++
イントロ:Intro.(Introduction)
Aメロ:Verse
Bメロ:Bridge
サビ:Chorus
エンディング:Ending


問題の「間奏」は、どのような間奏であるかによって言い方が変わります。
例えば、誰かがソロで間奏を受け持つなら、そのまま「Solo」です。
ピアノなら、「Piano Solo」で、ギターなら「Guitar Solo」ということになります。
日本語は非常に曖昧な意味合いで使われてしまうので、便利な反面誰がどこの場所を演奏するかという決まった視点を持たないまま現在に及んでいます。

ポピュラーソングでは楽曲が1番と2番とあったとき、その間という意味の間奏ならば、1番がどのように構成されているかによって、その後という言い方が普通です。
よって1番がサビで終わるなら、「after chorus」となります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント